ながら江雪の人生ノート

現役サラリーマンと定年シニアのお悩み解決

MENU

大企業の中途社員は優秀でも出世できない理由と言ってはいけない真実?

「『君のおかげで助かったよ』って上司から感謝はされるけど・・・」

「それだけですか??」

「業績評価は並みで、昇進もない?」

「なぜ???」

こんな疑問にお答えします。

■この記事を読んで頂きたい人■
・大企業(JTC)の中途社員で自分の処遇に不満がある方
(注)JTCとはJapanese Traditional Companyの略で、古い体質の日本の伝統的大企業を揶揄するネットスラング 
 
 
■この記事でわかること■
①大企業(JTC)の中途社員は優秀でも出世できない理由とは?

②大企業(JTC)の言ってはいけない真実とは?

 

不条理な大企業(JTC)で中途社員として長年の勤務経験のある筆者(2023年退職)が、大企業の中途社員は優秀でも出世できない理由と言ってはいけない真実について解説します。

<自己紹介>

筆者本人(1960年生 2023.11撮影)
筋トレ歴16年 ボクシング歴10年

<筆者略歴>
1984年 東京大学工学部建築学科卒業後、ゼネコンに入社
1988年 インフラ企業に転職
2018年 子会社の不動産会社に転籍
2023年 退職

 

      

 目次

大企業(JTC)の中途社員は優秀でも出世できない理由とは?

理由は、日本の大企業(JTC)が共同体(下図参照 引用:堺屋太一著「組織の盛衰」であることに起因します。

共同体に起因する、中途社員が出世できない2つの理由です。

①共同体の身分制度  

共同体化した日本の大企業(JTC)には、学歴や性別をはじめとして様々な差別が存在し、身分制度化されています(当然、明文化されていません)。

新卒と中途の差別もその一つです。

新卒だけが共同体の正メンバーで、中途は準メンバー、すなわち外様扱いです。

中途社員が優秀で会社に貢献しも、それはそれとして共同体での出世とは何の関係ありません。

なお、「理想の状態」における共同体の欄(上図)に記載されている「公平性」は、身分制度と矛盾しているように見えますが、これは「全ての人が、優秀であろうとなかろうと、公平に身分制度に従う」という意味です。

②共同体はゼロサム社会 

ゼロサム社会とは、ある人が利益を得れば、別の人が同じだけの不利益を被る社会のことです。

共同体全体での所得分配はゼロ和ゲーム(すなわちゼロ・サム)であり、誰かが得をするためには、必ず誰かが損をする必要があるという考え方です。

従って、中途社員(準メンバー)が出世すると、他の正メンバーが割を食ってしまう訳です。

準メンバーが得するために、正メンバーが損をするなんてことは、共同体ではあり得ません。

大企業(JTC)の言ってはいけない真実とは?

日本の大企業(JTC)の社長はすごろく上がりのサラリーマンです

日本の大企業(JTC)の社長は「出世すごろく」で運よく「上がり」に到達したサラリーマン社長です。

彼らは、ベンチャー企業などの起業家社長とは根本的に違い、経営のエキスパートではありません。

したがって、彼らにとっては「上がり」がゴールであるため、任期中に「〇〇%の企業成長を目指す!」なんてことは絶対にありません。

彼らは、任期中大過なく過ごすことだけを目指し、何らリスクを取ることなく現状維持に徹します。 

その結果、会社は本来あるべき姿「機能体」(上図参照)から居心地追求組織「共同体」に堕落してしまうのです。

居心地追求組織「共同体」では、会社を成長させるような創造的な仕事は無く、前例に則った代わり映えのしない仕事しかありません。

大企業(JTC)の企業戦士は、企業成長よりも自分の評判を上げるため、忖度に創意工夫を凝らす日々を送っています。

このような状況では、世界の変化についていくこともままならず、ここ30年の日本の凋落ぶりは惨憺たるものです。

■関連記事■

まとめ

大企業(JTC)の中途社員は優秀でも出世できない理由です。

①共同体の身分制度

②共同体はゼロサム社会

大企業(JTC)の言ってはいけない真実です。

日本の大企業(JTC)の社長は「出世すごろく」で運よく「上がり」に到達したサラリーマン社長であり、経営のエキスパートではない

■関連記事■