ながら江雪の人生ノート

現役サラリーマンと定年シニアのお悩み解決

MENU

【張り切ると困る人】  ホワイト企業のジェネラリスト3つの弊害と対処方法

「こんど着任したエリート課長、仕事全く知らないから大変だ😣」

「打ち合わせばっかりで、ちっとも前に進まない」

「責任取りたくないから、次の異動まで何も決めないつもりだろう」

「そのくせ張り切ってるから、くだらない宿題(検討指示)が多くて😞」

「なんで仕事知らないジェネラリストが上司なの?」

こんな疑問にお答えします。

■この記事を読んで頂きたい人■
・大企業にお勤めでジェネラリストの上司に仕えている人
(注)大企業の子会社勤務を含みます
 
 
■この記事でわかること■
①ホワイト企業の特徴

②ホワイト企業にジェネラリストが存在する理由


③ジェネラリストの実像

④ジェネラリスト3つの弊害

⑤対処方法
 
 

今年(2023年)40年間のホワイト大企業でのサラリーマン人生を終え退職した筆者が、ホワイト企業のジェネラリストの弊害と対処方法など、もうジェネラリストはいらない理由について解説します。

<自己紹介>

筆者本人(1960年生 2023.11撮影)
筋トレ歴16年 ボクシング歴10年

<筆者職歴>
1984年 東京大学工学部建築学科卒業後、ゼネコンに入社
1988年 インフラ企業に転職
2018年 子会社の不動産会社に転籍
2023年 退職

 

      

 目次

ホワイト企業のジェネラリスト

①ホワイト企業の特徴

先ず本題に入る前に、ホワイト企業の特徴を整理します。

①限定された市場を独占していたり、競争力が突出した優良な経営資源により経営が安定している

②人事は「選別主義」がとられており、ジェネラリストが主要ポストを占める

③ラインよりスタッフ部門が権限をもっており完璧主義が徹底されている

④申し分のない福利厚生制度を敷いていおり、働き方改革の必要がない

ホワイト企業は、経営にゆとりがあり経営環境の変化に影響を受けにくいため、相変わらず高度経済成長時代(工業社会時代)の古い体質を色濃く残しています。

目的達成組織「機能体」ではなく居心地追求組織「共同体」です。

世間一般常識からは、かけ離れた規範(ルール)が存在します。

②ホワイト企業にジェネラリストが存在する理由

こういった企業のジェネラリストは、「ジョブ型」労働を取り入れている企業のジェネラリスト、すなわち経験を積んだスペシャリストが管理職としてジェネラリストになるのではなく、入社時からいきなりジェネラリストです。

そして花形部署を転々としてキャリアを積み上げながら、広く浅い業務知識と経験をつみます。

こういったジェネラリストが活躍した時代は、人口増加に伴う内需拡大によりモノをきちんと作れば売れる時代で、創造力より管理能力が重宝された時代です。

そのころの成功体験から抜け出せないホワイト企業は、昔ながらのジェネラリスト方式を取っている訳です。

③ホワイト企業のジェネラリスト~実像

ジェネラリストとは、教科書的な説明では「幅広い知識や技能、経験などを備え、あらゆる方面で活躍できる人のこと」です。

しかし、この説明は表面的で全く役に立ちません。

実像はこうです。

・東大法学部などの申し分ない学歴をもつ事務系社員

・「選別主義」で将来が約束されている

・箔を付けるために主要ポストを巡っている

・自ら手を下したことがないので、本当の仕事が分からない

・官僚的、観念的で形式的

・異常にプライドが高く、常にマウントをとりたがる

・「減点主義」「無謬主義」の申し子

・「保身」の天才

・感情の起伏が激しい

 

 

ジェネラリスト3つの弊害

①業務説明がいちいち必要

専門的なことを知らないため、「いろは」の「い」から教え込まなければなりません。

仕事を知らないことに対して全く引け目も謙虚さもないことに、「共同体」の異常さを感じずにはいられません。

また、仕事を知らないくせに自論を展開し、それを正すために業務説明が延々と続きます。

全くもってこんなジェネラリストの上司は不要です。

②業務実行の決断ができない

徹底した「保身主義」のため、なかなか物事が前に進みません。

選別されたジェネラリストは、一応全員トップを目指しているので、異常なライバル意識と「保身主義」でまったく決断できません。

決断できないというより、決断したくないといったほうが正解です。

無意味な検討課題を連発し、時間を稼ぎながら次の異動を待ちます。

こぼれ話

出世のコツは自分が判断しないことです

失敗を起こして出世競争から脱落しない究極の作戦は「自分が判断しない」ことです。
ホワイト企業の幹部候補は決して自分では判断しません。

③部下を使いこなせない

プライドが異常に高いため、スペシャリストの部下の言うことを聞きません。

「共同体」の差別的身分制度に守られているため、人間として全く成熟しておらず、部下をうまく使うことができません。

精神年齢が低いため部下と張り合い、権力で強引に勝利し、せっかくの成案が非現実的な計画案に成り下がってしまいます。

意味の無いマウントのために、良案ほどボツになってしまいます。

対処方法

ジェネラリストの上司は、幸い3~4年で異動しますので、それまでの間やり過ごすしかありません。

彼らは責任を取りたくないので物事を決めないため、その間の仕事は説明用の資料作りと打ち合わせです。

準備体操ばかりで、本番の試合はありません。

仕事に関してはこちらの方がプロですので、従っている振りをしていくらでもコントロールできます。

運がよければ、次はスペシャリストあがりの上司が着任するかもしれません。

まとめ

恵まれたホワイト企業(伝統的な大企業)は、経営環境の変化に鈍感なため古い体質が残っています。

その一つが「選別主義」による差別的身分制度です。

この身分制度により将来が約束されたジェネラリストが入社時点で選別され、ムダな仕事の大きな原因となります。

「GAFA時代」に完全に乗り遅れ、急速な凋落ぶりを見せている日本の原因もここにあります。

■関連記事■